トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/03/14
ライブドア株の上場廃止について(談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト金融担当大臣
ライブドア問題調査追及チーム会長
櫻井 充


 東京証券取引所は、ライブドアが証券取引法違反の容疑で証券取引等監視委員会に告発されたことを受け、ライブドア株の上場廃止を決定した。一時は約22万人もの株主を抱え、東証の取引件数のほぼ半分を占めたこともある株式の上場廃止は異例であり、事態を重く受け止めている。今後の捜査の推移等を見守っていきたい。

 政府は、3月13日に、金融商品・サービスの規制等に関する「金融商品取引法案」(「証券取引法等の一部を改正する法律案」など)を提出したが、民主党は、それ以前に、証券取引委員会(日本版SEC)設置法案を衆議院に提出している。事件の再発防止のためには、証券取引等監視委員会の機能強化が不可欠であり、その成立を図ることに全力を尽くす。併せて、民主党は「金融サービス(証券をはじめとする)市場の抜本改革」について中間報告をとりまとめており、その実現に努力を傾注していく。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.