トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/04/14
ライブドア株式の上場廃止を受けて (談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト金融担当大臣
ライブドア問題調査追及チーム会長
櫻井 充

ライブドアが証券取引法違反の容疑で告発されたことを受け、本日、上場6年目にしてライブドア株式の上場が廃止されることとなった。一般投資家の受けた被害は甚大であり、このようなことに至るまで事態を看過した金融庁および東京証券取引所の責任は重いと言わざるを得ない。

 本日4月14日より、国会で政府提出の金融商品・サービスの規制に関する「金融商品取引法」の審議が始まった。同時に、民主党提出の証券取引委員会設置法案も衆議院における審議に入っている。ライブドア事件と同様の事件の再発防止のためには、証券取引等監視委員会の機能強化が不可欠であり、まずは当法案の成立を図ることに全力を尽くしたい。

 あわせて金融自由化の流れの中で、事後的チェック機能を強化するために民主党は、「証券取引所」「市場監視機能の強化」「会計・監査」「民事責任制度」「投資事業組合」「企業情報の開示」さらには「公開会社法」等、各般の項目にわたる改革案を取りまとめており、今後の法案審議の中に活かしてゆく所存である。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.