トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/01/24
自民党の懲罰動議提出について(コメント)
記事を印刷する


民主党役員室長
細野 豪志


 本日、自由民主党は、昨日の衆議院本会議における民主党前原代表によるライブドア堀江社長の立候補擁立に関する自民党の責任を問うた質問に対して、懲罰動議を提出した。

 一方で本日、小泉首相は自民党総裁として、自らの不明と責任を認めたと報道されている。

 自民党は言論の府における正論に対して、数の力でこれを封殺するような姑息かつ恥の上塗りのような対応に腐心するのではなく、全党を挙げて責任を明確にして、謙虚に国民に詫びるべきだ。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.