トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/01/23
堀江ライブドア社長の逮捕について(コメント)
記事を印刷する


民主党代表
前原 誠司


 本日、堀江ライブドア社長らが証券取引法違反の容疑で逮捕された。容疑事実の詳細は未だ明らかではないが、容疑が事実とすればライブドアの行為は健全な経済、公正な証券取引の根幹を揺るがすものであり、その責任は極めて重大である。今後の捜査当局の厳正な捜査を見守りたい。

 同時に、このようなライブドアの粉飾を放置してきた金融庁、証券取引等監視委員会等の責任は重い。

 自民党は、昨年の総選挙において、堀江容疑者を実質的には公認候補者のごとく遇した。小泉総理は、堀江容疑者と会談した上、「新しい息吹を感じる」と持ち上げた。そして、武部幹事長、安倍幹事長代理(当時)、竹中大臣(当時は幹事長補佐兼務)など、自民党幹部がこぞって堀江容疑者を礼賛、応援した。自民党は自らの不明を恥じ、責任を明らかにすべきである。

 同時に、先の総選挙における自民党の獲得議席も有権者への欺瞞の上に立った粉飾の議席である。

 民主党は、この粉飾の構造を徹底的に糾明していく。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.