トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/09/29
平成16年分収支報告書・使途等報告書の公表にあたって(談話)
記事を印刷する

民主党経理局長
郡司 彰

1.平成16年分の政治資金収支報告書および政党交付金使途等報告書が、30日付官報に告示され、公表される。民主党はそれにあわせ独自の措置として、平成16年分の党本部収支報告書の全文および党支部収支の概要をホームページで公開する予定である。また、民主党が自主的に実施した収支報告書に対する監査法人による調査(外部監査)結果、加えて平成16年分について新たに実施した支部会計に対する監査法人による調査(外部監査)結果についても公開していく。


2.政府・与党は、日歯連によるヤミ献金、迂回献金疑惑など一連の「政治とカネ」をめぐる不祥事について事実を明らかにしないまま総選挙を断行した。その結果、多数の議席を獲得したからといって、国民は「政治とカネ」をめぐる疑惑を是としたわけではない。民主党はさらに「透明性と説明責任」を求め、政治改革のための法律案を国会に提出し成立を期す。また、さらに党会計のありかたについて、自主的な改革の努力を強めていく。


3.平成16年党収支のうち収入面については、参議院での議席増を反映して政党交付金などが増えた一方、党費・会費は残念ながら目標を下回った。財政基盤の多様化・拡充は引き続き課題として残されており、改善の努力をしていきたい。支出面では参議院議員選挙が実施されたことから、総選挙のあった平成15年に引き続き選挙関係費のほか宣伝事業費などが増えている。今後も、国民・有権者による点検・評価もいただきながら、いっそう適正かつ合理的な収支に努めていきたい。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.