トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/08/23
自民党武部幹事長の造反議員復党容認発言について(コメント)
記事を印刷する

民主党幹事長
川端 達夫

本日、自民党の武部勤幹事長が、郵政民営化関連法案の採決で造反し、自民党の公認を得られずに立候補している自民党前衆院議員の扱いについて、自発的に離党するのであれば、「将来また復党する可能性もある」などと発言したことが報じられている。

 今回の解散を、郵政法案の賛否を問うものだと強く主張し、勇ましく離党を求めたにも関わらず、選挙後に造反議員の復党を認めようとする、その節操の無さには、呆れるほかない。まさに国民を欺いていると言えよう。

与党第一党の幹事長自らが、このような発言をしてまで造反議員にアメを与えざるを得ないほど、厳しい状況に追い込まれている、その窮状を如実に示す発言でもあると考える。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.