トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/08/22
武部自民党幹事長の発言に抗議する(コメント)
記事を印刷する

民主党幹事長
川端 達夫

 報道によると武部自民党幹事長が、報道各社とのインタビューで、「民主党には民営化賛成の人はたくさんいるはずだ。なぜ賛成できないかといえば、官公労がバックだからだ。われわれと考えを共にする人たちが新党を作る時は一緒にやれる。」と発言したという。武部幹事長は、早くも単独政権をあきらめて、選挙に負ける前提で発言しており、よほど自信がないようだ。

 民主党は、でたらめな「小泉郵政民営化法案」に衆参両院で一致して反対した。武部幹事長はその事実をどう受け止めているのか理解に苦しむ。民主党議員が自民党と連携することはありえない。

 郵政民営化で党内をまとめられなかったのは、まさに自民党の方で、大混乱をおこしている自らの責任を棚に上げて、他党について言及するのは笑止千万だ。およそ公党の幹事長としての良識に欠けているといわざるをえず、強く抗議し謝罪と発言の撤回を求める。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.