トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/07/03
東京都議会議員選挙結果を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長
民主党都議選対策本部事務総長
川端 達夫

 本日、東京都議会議員選挙が施行され、開票の結果35議席を獲得し、改選前議席を大きく上回り、都議会第二党へと躍進することができました。
 また、残念ながら善戦健闘しつつ惜敗した選挙区でも次への展望を掴み取ることができました。
 ご支持いただいた都民の皆さま、ご支援いただいた全国の皆さまに厚く御礼申し上げます。

 この度の都議選において民主党は、『東京マニフェスト』を掲げて政策本位の選挙戦をめざすとともに、複数の公認候補を擁立した11選挙区を含め、51名の公認候補者を擁立して選挙戦に臨みました。
 各候補者にとっては大変厳しいたたかいとなりましたが、暮らしを大切にし、地域に根ざした民主党をめざす中で、都議会においても国政と同様、二つの大きな政治潮流を創り出すことができました。

 民主党は、この度の選挙で寄せられた多くの皆さまのご期待に応え、都民の立場から健全なチェック機能を発揮し、都民のための都政の実現に邁進します。
 今回の選挙で民主党がめざす政権交代への期待感が非常に大きいことを改めて実感しました。ひとりよがりで国民無視、国会軽視の姿勢を続ける小泉内閣・自公政権に一刻も早く終止符を打ち、政権交代で日本を変えるため全力を挙げていきます。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.