トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/05/25
「郵政民営化関連法案」の趣旨説明・質疑の強行に抗議する!
記事を印刷する

民主党国会対策委員長
鉢呂 吉雄

 本日、自公与党は、民主党、社会民主党が欠席する中で、衆議院本会議での「郵政民営化関連法案」の趣旨説明と質疑を強行した。 

 さらに、衆議院本会議終了後、「郵政民営化に関する特別委員会」でも両党が欠席する中で法案の趣旨説明が強行された。民主党はかねてより、「郵政民営化関連法案」には重大な瑕疵がある。この法案は欠陥法案であり、撤回して、再提出すべきであると主張してきた。法案審議の前提条件が整っていないのである。しかし、自公与党は、こうした声に真摯に耳を傾けることなく、数の力を背景に、「問答無用」の姿勢で衆議院本会議での法案の趣旨説明と質疑、あるいは特別委員会での法案の趣旨説明を強行し、少数野党の審議権を奪ったのである。このような暴挙は断じて容認できない。このような暴挙が再び繰り返されることのないよう自公与党に強く警告し、厳重に抗議する。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.