トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/04/24
統一国政補欠選挙結果について(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長
選対本部事務総長
川端 達夫

 本日、衆議院宮城2区および同福岡2区において、統一国政補欠選挙の投開票が実施されました。両選挙区の候補者ともに、自民党候補との大接戦を展開しましたが、残念ながらいずれも一歩およばず惜敗いたしました。民主党候補をご支持・ご支援していただいた有権者のみなさま、民主党を応援いただいた全国のみなさまに感謝とお詫びを申し上げます。

 民主党は、この度の補選に全党一丸となって総力戦を挑み、補欠選挙ながら、両選挙区ともに分厚い自公両党の組織票を持つ相手候補と互角のたたかいを展開することができました。しかし、残念ながら投票率が低迷し、わが党候補に対する支持が伸び悩む結果となりました。今後、真摯に選挙戦を総括し、次に向けた貴重な足がかりとしていきます。

 民主党は今回の選挙に敗れはしましたが、自公政権と真っ向から対峙し日本を変えることのできるのは民主党であると確信しています。次期総選挙において政権交代を必ず実現するため、全党一丸となって足腰を鍛え、政策を琢磨し、弛まぬ努力を重ね、必ずや国民のみなさまのご期待に応えます。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.