トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/03/30
村岡元長官の東京地裁無罪判決を受けて(コメント)
記事を印刷する


民主党幹事長
鳩山 由紀夫


 本日、自民党旧橋本派の政治団体「平成研究会」への日本歯科医師連盟から1億円ヤミ献金事件に関連し、政治資金規正法違反で起訴されていた村岡兼造元官房長官に対して、東京地裁は無罪の判決を出した。

 判決については、司法の場の判断として受け止めるが、今回の判決によって日歯連1億円ヤミ献金事件の全容が解明され、幕が引かれたわけではない。ヤミで処理された現金の使途、すでに有罪判決が確定している「平成研究会」の滝川元会計責任者の証言内容、これまでに明らかになったさまざまな事実をふまえると、いったい誰が指示をし、どのように処理されたのか、ヤミ献金にまつわる疑惑はますます深まったともいえる。

 民主党は、一貫して政治献金の透明化と政治の信頼回復に取り組んできた。昨年の特別国会では、政治資金規正法改正案で厳しい民主党案が否決され、甘い与党案が成立したが、政治とカネの問題について厳しく政治家自らが正していくことが重要である。民主党は、引き続き、日歯連事件の全容解明のために必要な証人喚問を含めて取り組んでいくとともに、法律、制度面でさらに改善すべき点はないか、たゆまずに検証を続けていく。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.