トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/01/27
旧橋本派1億円ヤミ献金事件に関する検察審査会議決について(コメント)
記事を印刷する

民主党幹事長 川端達夫

 東京第二検察審査会より本日、旧橋本派をめぐる1億円ヤミ献金事件につき、東京地検が橋本龍太郎元首相ならびに青木幹雄自民党参議院会長、野中広務元自民党幹事長を不起訴処分としたことを不当とする議決をしたとの通知がなされた。

 本事件をめぐっては、村岡兼造元官房長官と同派の会計責任者が起訴されたが、当時の派閥会長である橋本元首相ならびに青木自民党参院議員会長、野中元自民党幹事長は不起訴とされた。
 この度、旧橋本派関係者間の起訴・不起訴のアンバランスが不当であり、再捜査すべきとの判断が示されたことは、多くの国民の疑問にこたえる意味でも、極めて妥当な判断であると評価する。
 検察においては、この議決を重く受け止め、厳正な再捜査が行われることを強く望む。

 司法による捜査と同時に、政治は政治の場で真相を解明し、自浄機能を発揮するため、国会において旧橋本派関係者の証人喚問を実現するよう、引き続き強く求めていく。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.