トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/01/20
国会議員の互助年金等に関する調査会答申について(コメント)
記事を印刷する

民主党幹事長
川端 達夫

 本日、衆参両院議長の下に設置された「国会議員の互助年金等に関する調査会」の答申が示された。

 答申は、現行の国会議員互助年金法を廃止し、新しい議員年金制度に転換することを提案している。同時に答申は、議員年金制度について厳しい評価を示し、公的年金制度への統合についても言及している。

 わが党は、先の参議院議員選挙マニフェストにおいて、議員年金を廃止し他の公的年金と一元化することを提案しているが、本答申の内容を十分に吟味し、今国会中に不公平のない制度への転換をめざしていきたい。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.