トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2004/12/03
旧橋本派会計責任者に対する有罪判決を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長 川端 達夫

 東京地裁は本日、日本歯科医師連盟から旧橋本派に提供された一億円ヤミ献金事件で、政治資金規正法違反に問われた会計責任者に対して有罪判決を下した。

 自民党最大派閥のヤミ献金事件が暴かれ、司法の手によって断罪された意義は大きい。しかし、判決で犯行を主導したと認定された村岡元官房長官は一貫して関与を否定しており、橋本元総理をはじめとする当時の同派幹部が関与していた疑いも拭いきれない。

 これまでの食い違いや矛盾が解消されたわけではなく、また先の政治倫理審査会における橋本元総理の弁明で、不正な繰越金の処理など新たな事実も明らかになっており、この判決によって、事実関係が解明されたとは到底言えない。

 今国会は閉会となるが、事件の幕引きを許さず、引き続き旧橋本派と自民党に対して、自ら説明責任を果たすよう強く求めていくとともに、次期通常国会の最重要課題として、証人喚問の実現と政治資金規正法改正を求めていく。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.