トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2004/11/30
橋本元総理の政倫審での弁明を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長 川端 達夫

 本日、衆議院の政治倫理審査会において、旧橋本派をめぐる1億円ヤミ献金事件に関して、橋本元総理の弁明が行われた。

 橋本元総理は、日歯連からの1億円小切手の授受について、「事実なのだろう」と述べるにとどまり、収支報告書への不記載については、自らの関与を強く否定した。

 本日の橋本元総理の弁明は、これまでの発言等の域を越えるものではなく、村岡元官房長官の発言や同事件の検察側の冒頭陳述等との食い違いや矛盾は一切解消されていない。

 真相解明に向けて、何ら進展がなかった以上、予算委員会での関係者の証人喚問の必要性はさらに高まった。橋本元総理は、堂々と証人喚問に応じるべきだ。

 わが党は、予算委員会での証人喚問を実現させるとともに、自民党総裁として小泉総理が国民に対して説明責任を果たすよう、強く求める。また、政治不信解消のために、わが党が提出している政治資金規正法改正案の成立を期す。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.