トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/08/15
小泉総理の靖国神社参拝について(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長
鳩山 由紀夫


 小泉総理が、来月退陣するにもかかわらず、総理として再び靖国神社に参拝し、その責任、後始末を後に任せることは、真に立つ鳥、跡を濁す行為であり、無責任極まりなく、遺憾の一言に尽きる。

 小泉総理は、「公約」であることを強調し、終戦記念日における参拝を強行したが、いま総理がやるべきことは、自らの公約に固執することではなく、国民が静かな気持ちで戦没者を追悼する環境を創り出す努力を最大限行うことである。

 小泉総理は、反対勢力との対決を強調するが、自らがそうした構図に陥ることにより本質を見失っている。小泉総理の行動は、戦争により被害を受けた人々の心を踏みにじり、国益を大きく損ねている。

 民主党は、党利党略を離れ、歴史を直視し、国益の観点から、総理の靖国参拝に反対をしてきた。民主党は、総理の本日の靖国神社参拝を大変に残念に思う。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.