トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/08/16
ロシア国境警備庁による日本漁船の拿捕について(談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト外務大臣
浅尾 慶一郎


 本日、北海道の根室半島沖の北方領土付近で、かにかご漁船「第三十一吉進丸」が、ロシア国境警備庁の警備艇に拿捕され、乗組員の盛田光弘さんが銃弾を受け死亡したとされる。

 わが国の北方領土の周辺海域での痛ましい事件であり、盛田さんのご冥福をお祈りするとともに、死亡事件を招き乗組員を拿捕したロシア側の過剰な対応に厳重に抗議する。政府は、早急に事実関係の詳細を把握するとともに、ロシア政府に対し、他の乗組員の安否情報の確認と迅速な解放、発生した損害の賠償等を求めるべきである。

 現場海域は、わが国が領土主権を有する北方領土である。ロシア側に占領され、過去にもロシアによる拿捕事件が発生している危険な海域であり、改めて、北方領土の早期返還を求めるものである。政府は、ロシア側の武器使用の態様等について、事実関係の解明及び再発防止に全力を尽くすべきである。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.