トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/09/20
政治への取組み姿勢の違いを示すのみ 新総裁選出受け小沢代表
記事を印刷する



 小沢一郎代表は20日、自民党の新総裁選出について記者団の質問に答えた。自民党の新総裁については「個人的な情の部分ではお祝いしたい」と語った上で、結果については「人物についての差が出たのかどうかは分からないが、小泉総理の人気に相通じるものがあるので、票を集めたのかもしれない」と話した。

 今後の小沢民主党対安倍自民党の対決をどのように有権者に示していくかとの記者からの問いには「政治に関する考え方が、安倍さんがどうこうというよりも、自民党は戦後体制の延長にある。私たち民主党は、官僚におんぶにだっこの政治や金属疲労を起こしたような仕組み、組織などを根本から変えていく」と話し、「その(民主党と自民党との政治に対する取り組み方の)根本的違いを国民に分かりやすく話していく」と答えた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.