トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/09/26
両院議員総会を開催し新役員を選任
記事を印刷する





 26日午前、党本部において両院議員総会が開催され、新役員の選任などが承認された。

 両院議員総会の冒頭、菅直人代表代行が挨拶に立ち、小沢一郎代表の再任が臨時党大会で決定されたことを受けて、「民主党が政権を担当することが国民生活の安心につながることを今国会を通じて明らかにしていかなければならない」と述べた。そして、全員が一枚岩となって国民のための政権を作ろうと述べた。

 続いて菅代表代行は、小沢代表の推薦であるとして、両院議員総会長の田名部匡省参院議員および両院議員総会長代理の古賀一成衆院議員の留任を提案し、満場一致で承認された。また、菅代表代行は、代議士会においても代議士会長および同代理が留任することが代表の意向であると述べた。

 次に鳩山由紀夫幹事長が新しい役員(ダウンロード資料参照)および「次の内閣」閣僚(ダウンロード資料参照)の選任を発表し、満場一致で承認された。また、残余の常任幹事については、代表および幹事長に選任を一任することが承認された。

 さらに鳩山幹事長は、ブロック代表常任幹事の選出方法や常任幹事会の運営方法を定めた新たな「常任幹事の選出方法等に関する基準」を提案し、承認された。

 最後に鳩山幹事長が、本日の衆参本会議における首班指名において小沢代表に投票することを確認し、両院総会は終了した。

ダウンロード
PDF 民主党役員一覧
PDF 「次の内閣」閣僚名簿
記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.