トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/10/09
日韓首脳会談を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト外務大臣
山 口  壮

 本日、安倍総理が、韓国の盧武鉉大統領と首脳会談を行った。折しも、北朝鮮が核実験を強行したとの声明を出し、会談では、北朝鮮の核実験は断じて容認できず、北東アジアの平和と安定に対する脅威として、両国は緊密に連携し、断固とした対応を取ることで一致したとされる。

 これまで、隣国である韓国との関係は極めて重要であるにも拘わらず、近年、必ずしも円滑な関係とは言い難い状況にあり、その一因は小泉前総理の姿勢にあった。安倍総理は是非これを改めるべきであり、そのためには、歴史認識も含めて、真摯に向き合って信頼関係を構築することが肝要である。曖昧な態度のままでは本当の意味での信頼関係の回復には至らないだろう。

 韓国は、北朝鮮に対して、これまで対話による解決に重点を置いてきたが、今回の核実験を受け、今後は国際社会との緊密な連携を含む強い方針に転換したと思われる。北朝鮮の核問題への対応について、日韓両国は以前にも増して緊密な連携を取り合うことが必要である。今後、日韓両国は、全ての問題につき、両国首脳が新たな信頼関係に基づいて、冷静かつ建設的な問題解決を図るべきである。

 わが国は、共に生きるアジアをつくるため、中国、韓国をはじめ、アジア諸国との信頼関係の構築に全力を挙げ、国際社会においてアジア諸国との連携を強化していくことが重要である。民主党も、より幅広いアジア外交の再生に、全力で取り組む決意である。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.