トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/10/15
国連安保理による北朝鮮制裁決議の採択を受けて(談話)
記事を印刷する

2006年10月15日


民主党政策調査会長
松 本 剛 明

 北朝鮮による核実験実施の発表に対して、国連安保理は、制裁決議を採択した。国連が、平和と安全を脅かす行為に対して、国際社会の結束の上に、その本来の機能を発揮しようとしていることを評価する。

 我が国と地域の平和と安全のためには、先ずは、同決議に基づいて、国際社会の一致した協力の下、必要な措置を進めるべきであり、最終的には、たとえ険しい道程であろうと、北朝鮮に核兵器・核開発計画を断念させ、放棄させるところまで、努力を積み重ねていく他ない。

 現状は、我が国の平和と安全を脅かす重大な事態である。民主党は、衆参両院で各党とともに、北朝鮮の行動は、決して許されないものであると決議したことを踏まえ、これからについては、危機のリスクの認識を広く国民と共有しつつ、国会において国民の負託を受けた政党としてその責任を全うする。

 現在、我が国がおかれた状況に鑑みれば、ここに至った外交の問題が今後検証されなければならないし、かかる事態に対して政府がこれまで法制・態勢等の整備を行ってこなかった責任も免れない。

 政府には、そのことを指摘してこれまでの責任を自覚した上で、国会に対して真摯な対応を要請するとともに、米国、中国、韓国など関係国としっかり連携して、必要かつ適切な外交・安全保障上の措置をとっていくことを求める。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.