トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/11/12
福島県知事選挙結果を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長 鳩山由紀夫

 本日、福島県知事選挙が行われ、わが党が推薦した佐藤雄平候補が当選いたしました。「県民党」としてたたかわれた佐藤候補、そして県政刷新に燃え、ご支持、ご支援された福島県民のみなさまに心から敬意を表します。応援していただいた全国のみなさまにも厚く御礼申し上げます。

 佐藤氏の勝利は、談合事件をめぐる前知事の辞職に伴う出直し選挙において、新しい県政をめざし、公正公明で県民の立場に立った県政を実現するとの訴えが県民の皆さまの支持を得たものと考えます。
 また、首長選挙において、組織に勝る与党推薦候補と対決し、たたかいを制したことの意義は大きいと考えます。

 この価値ある一勝を大切にして、統一地方自治体選挙、次期参院選の勝利をめざし、今後の首長選挙においても、積極的な候補者の擁立と勝利に向けて一層、がんばります。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.