トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2007/02/04
北九州市長選挙・愛知県知事選挙結果を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長 鳩山由紀夫

 本日、標記首長選挙が実施され、北九州市では党推薦の北橋健治候補が当選いたしました。また、愛知県では党推薦の石田よしひろ候補が大激戦の末、惜しくも僅かに及びませんでした。

 ご支持いただいた北九州市民、愛知県民の皆さま、応援いただいた全国の皆さまに御礼申し上げますとともに、愛知では推薦政党として力が及ばなかったことをお詫びいたします。

 北九州市における勝利は、格差を放置し国民生活を顧みない安倍自公政権に対する有権者の審判であると受け止めます。同時に、許し難い女性蔑視発言を行いながら、大臣の座に居座る柳澤厚生労働大臣に対する怒り、それを是認する安倍総理への批判の表れであると考えます。 

 愛知県では、自公両党が推薦し強固な基盤を持つ現職に対して県民に選択肢を提示し、出遅れながらもまさにあと一歩のところまで迫ることができました。地域においても、自公両党との対決姿勢を鮮明にして大接戦に持ち込めたことは、良き教訓になるものと考えます。

 民主党は、両選挙の成果を踏まえ、北九州での勝利、愛知での急迫の勢いを全国に広げ、統一地方自治体選挙、参院選の勝利をめざし、全党一丸となり全力で邁進します。

以上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.