トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2007/04/22
統一国政補欠選挙及び統一地方自治体選挙終了を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長 鳩山由紀夫

 参議院補欠選挙では、福島で党公認の増子輝彦候補が当選を果たし、沖縄では野党共同推薦の狩俣吉正候補が接戦の末、及びませんでした。
 また本日、統一地方自治体選挙が終了しましたが、道府県議・政令市議選に象徴されるとおり、民主党は大きく躍進させて頂きました。ご支持、ご支援をいただいた全国のみなさまに深く感謝申し上げます。

 二つの参院補選での完勝は果たせませんでしたが、福島では圧倒的なご支持の下、貴重な一議席を確保することができました。
 沖縄では敗れはしましたが、たたかいの内容と勢いを見ると、夏には必ずや果実が得られるものと考えます。
 両選挙、統一自治体選挙を通じ、参議院選挙勝利の展望を掴み取れました。

 今回の選挙全般における傾向として示されたことは、国民が安倍・自公政権に満足しておらず、大いなる不安を感じる中で、徐々に民主党に対する期待と激励の声が高まりを見せていることだと考えます。
 とりわけ、訴え続けている格差問題につきましては、格差の実態とその是正の方向について国民一人ひとりの共感を得られつつあることを実感します。

 民主党は、一連の選挙で寄せられたご期待と激励に応え、安倍・自公政権と真っ向から対決していくとともに、格差社会を是正する「生活維新」を実現するため、全党が一丸となり夏の参議院選挙での与野党逆転に向けて邁進致します。

以上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.